不動産条件検索

物件カテゴリから選ぶ
間取りから選ぶ
学区から選ぶ

不動産カテゴリー

現表示ページ用QRコード

ソーシャルネットボタン

売却(賃貸)までの流れ

ステップ1 売却(賃貸)する理由を確認する

ライフスタイルや家族構成の変化、環境・経済状況の変化など、住まいを売却するのには様々な理由があると思います。まずは、「子どもの成長に伴い、広い家に住み替えたい」「定年を機にUターンしたい」「誰も住む人がいなくなる」など、売却する理由を具体的に整理してみましょう。  その上で、「住み替えの時期はいつ頃か」「手元の資金はどの程度あるか」など、自分自身の希望や経済状況などを確認します。 このような整理をすることで、売却価格や時期などの条件、新居を購入するか賃借するか、あるいは今の住まいを売却せずに賃貸するといった住み替えのイメージを持つことができます。

↓(売却の理由に追加)空家になっているが、どうしようか迷っている

売却理由
・子供の成長に伴い、広い家に住み替えたい
・子供が独立したので都心に住み替えたい
・定年を機にUターンしたい

確認事項
・住み替え時期はいつ頃か
・手元資金はどの程度あるのか
・今の住まいに戻る可能性はあるのか

住み替えのイメージ
・どのくらいの価格で売却するのか
・売却時期はいつ頃か
・新居は購入するのか、賃借するのか
・今の住まいを売却せずに賃貸するのか

矢印

ステップ2 物件価格の査定を依頼する

物件価格の査定を受託するところから、お付き合いが始まります。売却する物件の価格を、プロの目で査定致します。周辺の取引相場、傾向等を踏まえ、分かり易く書面にて回等させて頂いております。 売却に伴う、税金のご案内や諸費用の計算を提案させて頂き、実際に手元に残せる金額を確認しましょう。

矢印

ステップ3 不動産会社に仲介を依頼する(媒介契約を結ぶ)

売買の仲介を正式に依頼頂ける場合は、媒介契約を締結致します。他の不動産会社様にもすでに依頼されている方は、既に結ばれている媒介契約をご確認下さい。媒介契約の内容によっては、複数の不動産会社に依頼する事も可能です。

矢印

ステップ4 不動産を売りに出す

売り出し価格は、その後の売却活動に大きく影響します。自分の希望売却価格だけではなく、査定価格や周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決めましょう。 HPへの掲載は勿論、折込チラシ、投函チラシ、他の不動産会社様への情報の配信等を行いながら、出来る限り多くの希望者に見て頂けるように進めて参ります。 ※HP等への記載をせずに内々に進める事も可能です。

矢印

ステップ5 購入希望者と交渉する

購入希望者が現れたら、売却条件を交渉します。もちろん価格の条件は最も重要ですが、瑕疵担保責任の有無等のその他の条件についても、当社が間に入り折衝して参ります。

矢印

ステップ6 売買契約を結ぶ

売買条件が合意に達したら、法律も基づいた重要事項説明を行い、買主と手付契約を結びます。このとき、一般的には物件価格の10%程度の手付金(契約金)を受け取ることになります。  売買契約を結ぶに当たっては、しっかりと契約内容を確認しましょう。

矢印

ステップ7 不動産を引き渡す

引渡し手続きでは、売買代金を受領するのと同時に、登記申請(抵当権抹消、所有権の移転等)を行います。  細かな設備・備品等の取り扱いなどについても、買主と現地立ち会いを行った上で十分に確認をしましょう。また、引き渡した後の税務申告などの手続きも漏れのないよう気をつけましょう。  税務申告等につきましては、ステップ1の査定の回等をさせて頂く時に、概要を説明致します。 引渡し後もご不明な点等あございましたら、何なりと申しつけ下さい。

住まいの広場へ戻る